オープンデータデイとは

オープンデータデイは、誰もが自由に使うことができる「オープンデータ」を作ったり、 使ったり、考えたりするイベントを世界中の都市で同日開催するお祭りです。

毎年、日本からも多くの地域でそれぞれイベントを開催し、オープンデータデイに参加しています。

オープンデータデイのイベントは、誰でも、どのようなかたちでも、開催することができます。 数人規模で話し合うミーティングもあれば、数十人でまち歩きをしながら「オープンデータ」な 地図作りをするマッピングパーティ、100人以上の人が集まる巨大アイデアソンもあります。

データを使ったアプリ開発や地域の特徴分析、市民によるデータ作成など、「データ」との関わり方も様々です。

また、対象の「データ」も数値だけではなく、地図や画像、動画、文章など多種多様です。

インターナショナル オープンデータ・デイ 2019

日時・会場

  • 日時:2019年3月2日(土)
  • 会場:世界各地の会場
  • Twitterタグ:
    • 日本語:#オープンデータデイ
    • 英語:#OpenDataDay
  • 世界のWebサイト: International Open Data Day

開催方法

イベントは、日本の各地(都道府県、市区町村等)でさまざまな有志の主催者が、行政や市民などの 協力を得て自主的に開催します。 主催者にはどなたがなっても構いません。ただし、1イベント/地域を原則としています。 1つの地域で複数の団体等が開催を希望する際には、 お互いによく話し合い、協力体制を作った上で 開催をお願いしたいと考えています。

イベント主催者の方へ

オープンデータデイ2019のイベントを開催される方はこちらから登録をお願いします。

参加者

どなたでも参加できます。 地域のことをよく知りたい方、みんなで取組む課題をお持ちの方、オープンデータを活用するアイデアのある方、 今後活動に加わりたくなるようなプロジェクトを探している方、あるいはとりあえず何が起こっているのかを 知りたい方など、どなたでもOKです。

各地の主催者の役割

事前準備:

  • 開催地域と主催者の事前登録
    → Open Knowledgeのサイトで呼び掛けています
  • 企画・会場等の準備
    → イベントは各主催者が行います。Open Knowledgeは支援します
  • イベント告知と参加者の募集
  • 地元協力者・スポンサー等の開拓
    → 様々な形で広く協力をしましょう
  • イベントで取組むテーマの設定
    → できるだけ参加型で決めることをお勧めします
  • アイデアやデータの事前収集・公開
    → Open Knowledgeは国内の情報共有を支援します

当日:

  • イベントの運営
  • 成果の情報発信
    → Open Knowledgeが方法や集約する場所などを用意し、呼びかけます
  • 地名入り参加者記念撮影
    → 開催地名(できれば英語で「Tokyo, Japan」というように)表記した紙や横断幕などと一緒に、参加者の記念撮影をしてTweetしてください。
    → 写真は開催記録として使わせていただきたいと思います。

Open Knowledge Japan(OKJP)の役割

国内で開催されるイベントの支援や、全体のコーディネート、世界にむけた情報発信などを行います。
詳細はOpen Knowledge Japan(OKJP)のウェブサイトhttp://okfn.jp をご覧ください。

  • インターナショナルオープンデータデイ全体に関する告知やメディア対応
  • 各地の主催者の募集と各種ご相談対応
  • アイデアや公的データを公開し共有するためのデータポータルやサイトの提供
  • ハッカソンの成果を共有するためのショーケースサイトの構築
  • 日本におけるオープンデータデイ全体のスポンサー開拓や行政機関などへの協力要請

参加申し込み・問い合わせ