3/5(土)に全世界で開催!オープンデータデイ2016とは?

イベント主催者の方へ日本国内でのイベント開催地の登録を一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパンが呼びかけています。開催に向けた情報共有や広報支援などを行っていきますので、ぜひご登録ください。

>>開催地登録フォーム
>>主催者連絡用コミュニティにもご参加ください
>>ロゴを作ろう

参加を希望される方へオープンデータデイは世界各地の会場で同時に開催されるお祭りで、原則誰でも参加できます。自分が住んでいる自治体や、近くのイベント会場を探して申し込み手続きをしていください。

>>日本の開催地登録情報
>>世界の開催地登録情報

メディア・自治体の方へこのイベントは、国や都市などの公共機関が取り組んでいるオープンデータ政策をサポートするために、コミュニティが主体となり、オープンデータを活用した様々な取り組みが行われます。各地のイベントへの参加・取材をお願いいたします。事前説明や取材先の紹介や相談について、お気軽にOKFJまでお問い合わせください。(info@okfn.jp)
>>オープンデータデイについて

はじめに:日本中・世界中が「オープンデータ」でつながる日

庄司昌彦(一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン代表理事)
3月5日に、2016年の「オープンデータデイ」がやってきます。

オープンデータデイは、誰もが自由に使うことができる「オープンデータ」について、作ったり、使ったり、考えたりするイベントを世界中の都市で同日開催するお祭りです。日本での開催は今回で4回目です。2013年は8会場、2014年は32会場、2014年は62会場で開催され、日本はオープンデータデイのイベントが世界で最も多く開催される国となりました。オープンデータを提供する国内の地方自治体はこの1年で2倍以上に増加しており、今年も多くの地域の方々が参加する盛大なものになりそうです。
>>続きを読む

mshoji profile

日本のハッシュタグは #オープンデータデイ


グローバルのハッシュタグは #OpenDataDay


オープンデータを探そう

LinkData.org

オープンデータ活用支援プラットフォームLinkData.orgは、データ・アプリ・アイデアの作成と公開を支援するプラットフォームです。多くのデータ、アプリ、アイデアが集められ、市町村ごとの検索もできます。
>>LinkData.org

DATA.GO.JP

DATA.GO.JPは日本政府が運営する、二次利用が可能な公共データの案内・横断的検索を目的としたオープンデータの「データカタログサイト」です。オープンデータの活用事例やアイデアなども募集しています。
>>DATA.GO.JP

アイデアソン/ハッカソンの成果を共有しよう

Knowlege Connector

Knowlege Connectorには、過去に行われたアイデアソン/ハッカソンの成果をはじめ、過去に出された様々なアイデアやアプリケーションが登録されています。アイデアソンでアイデア出しをする時の参考にしましょう。また、イベントで生まれたアイデア/成果は是非登録を!
>>Knowlege Connector
>>参考:イベントで使うKnowlege Connector

オープンデータを学ぼう

Open Knowledge Foundation Japan

一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパンのウェブサイトでは、オープンデータに関わる様々な情報を定期的に発信しています。

>>Open Knowledge Foundation Japan